▲出会い系サイトでメル友をGET

出会い系サイトを利用している大多数の女性というのは、メル友を探しているというアンケート結果があります。
メル友というのは実際に会うということでは無いので、女性警戒心を持つこと無くメル友関係になってくれます。

 

出会い系サイトでメル友を作ることが出来たら、毎日欠かすことなくメール交換を続けていくようにしましょう。
長期間メール交換を繰り返していくことによって、次第に女性も貴方のことが気になり「会ってみませんか?」ということになるかもしれません。
メル友から友達関係へ、また友達関係から恋人関係へと発展していくのはよくあることで、メル友から結婚相手にまで発展をしたケースもあります。
貴方が恋人や友達を求めているのでしたら、まず最初に「メル友募集」と書き込みをしている女性狙いをしてみるのもいいですね。

 

出会い系サイトを利用し始めて数年経っている人でも出会えていない人がいます。
やはりその原因となることは、出会い系サイト内での口説き方が間違っているのです。

 



▲出会い系サイトでメル友をGETブログ:09-11-17

ミーの奥さんの体に新しい命が授かってから
もうすでに臨月に入り、
いつ生まれてもおかしくない状況にあります。

すでに我が家は、
いつ子どもが生まれてくれてもいいように、
臨戦態勢に入っております。

さてさて、
MAXにウエストが大きくなっているミーの奥さん…
動くのも一苦労のようです。

「ふぅ…ふぅ…」

でも、2歳の男の子こうちゃんは、
そんな奥さんの状況を理解できず、
「遊そぼ!」「抱っこ!!」とダダをこねます。

そこで、奥さんは男の子に言います。

「ごめんね。ママは、いまウエストの中に、
こうちゃんのいもうとがいるから、抱っこしてあげられないの。
いもうとが生まれてきたら、また一緒に遊ぼうね」

男の子は、なにかを理解したのか、
奥さんのウエストをナデナデしました。

それからというもの、
男の子は、奥さんに抱っこを求めたり、
無理に遊ぶことを求めたりしなくなりました。

奥さんが洗濯物を干すとなると、
男の子は洗濯物を持ってくれます。
奥さんが床拭きをはじめると、
男の子も同じように床を拭いてくれます。

見よう見まねですが、
男の子なりに奥さんのお手伝いをしているのです。

一週間位前、奥さんを追いかけて走った男の子が、
おもいっきりつまづいてこけてしまいました。

すぅ〜と立ち上がった男の子は、
痛かったのか、恥ずかしかったのか、目に涙をいっぱいためて、
下唇が上唇にかぶせて、泣くのをジッと我慢してました。

奥さんは、ゆっくりと腰をかがめて、
男の子の目線で優しくこう言いました。

「大丈夫?痛かったね。我慢しなくていいのよ。泣いてもいいのよ」

男の子は大きくゆっくりとうなづいて、大きな声で泣きました。
そして、抱きしめられたその顔は、
だんだんと安堵の表情になっていきました。